仄暗い闇の中から

最新記事投稿:2018-04-23 21:20:24

21:20  【洒落怖】夜中のたき火中に、「たすけてえええだれかあ」と女性の声が湖の方で聞こえてきて、そ  後で読む 仄暗い闇の中から  
19:20  【洒落怖】河川敷を歩いていると、二人の後ろから足音が聞こえてきた。 振り返ると、野球帽をか  後で読む 仄暗い闇の中から  
17:20  【洒落怖】部屋でカップうどん食ってたら、人に見られてるような感じがした。ふと横を見ると、何  後で読む 仄暗い闇の中から  
15:20  【洒落怖】教室のロッカーに忍び込むいたずらを実行した友達。ロッカーが開いた時、「ウワアアア  後で読む 仄暗い闇の中から  
13:01  【洒落怖】幼稚園児の男の子。お絵かきの時間に彼が描く絵は青いトラックを斜め下から描いた、ち  後で読む 仄暗い闇の中から  
11:01  【洒落怖】近鉄東生駒から女の子を連れた女の人が乗ってきました。 女の人は緑色の三角布を首の  後で読む 仄暗い闇の中から  
9:01  【洒落怖】知り合いのマタギ。雪山の斜面をソリで滑り降りていった。その姿が小さくなった頃、彼  後で読む 仄暗い闇の中から  
7:01  【洒落怖】吹雪の中車を運転する友達に「安全運転でいこーぜ」と言うと、返事がない。長年の付き  後で読む 仄暗い闇の中から  
13:01  【洒落怖】TV製作で、『霊視能力を使って蒸発した父親を探せ』という番組をつくることになった  後で読む 仄暗い闇の中から  
11:01  【洒落怖】終電で寝ていると、親子の笑い声で目が覚めた。子供「ねえ、この電車もよく乗ったよね  後で読む 仄暗い闇の中から  
9:01  【洒落怖】心霊スポットで撮ったポラロイド。部屋の中の写真は、曇ったオレンジ光がベット上に写  後で読む 仄暗い闇の中から  
7:01  【洒落怖】小学生の時、新聞配達のバイトをしていた。いつもヤクルトをくれるおばさんが、その日  後で読む 仄暗い闇の中から  
0:01  【洒落怖】ある会社の独身寮で起こったことです。Aが朝の支度をしていると、両隣の部屋から悲鳴  後で読む 仄暗い闇の中から  
22:24  【洒落怖】池袋という土地は繁華街を離れると、急に田舎じみた様相を見せる。 先輩に連れられ路  後で読む 仄暗い闇の中から  
20:24  【洒落怖】真夜中の恐山で肝試し。無数にある風車を、先輩が引っこ抜いてしまった。「先輩、やめ  後で読む 仄暗い闇の中から  
18:24  【洒落怖】真夜中、帰宅中に向こう側から歩いてきた女の人。フラフラっという感じで、とても不自  後で読む 仄暗い闇の中から  
16:24  【洒落怖】ある日突然、市松人形が欲しくなった。もう欲しくて欲しくてたまらない。 白い着物に  後で読む 仄暗い闇の中から  
14:28  【洒落怖】ある寺に、l一人の盲目のK住職がいた。 彼が若手を連れて恐山に行った時、若造が積  後で読む 仄暗い闇の中から  
15:23  【洒落怖】母校には「監視小屋」がある。遠方から通っていた私は友達や先生の家に泊めてもらうこ  後で読む 仄暗い闇の中から  
13:23  【洒落怖】数年ぶりに田舎に帰り、同窓会に参加した。懐かしい顔の中に、あの「ヨッシー」がいな  後で読む 仄暗い闇の中から  
11:23  【洒落怖】叔父さんは、夜中の12時頃になると、 訳の判らない事を口走ったり、自分で自分の首を  後で読む 仄暗い闇の中から  
9:26  【洒落怖】家族ぐるみでつきあっていた占い師がいました。「今度大きな仕事がはいるわよ。私が力  後で読む 仄暗い闇の中から  
23:01  【洒落怖】お見舞いに行くと、お婆ちゃんが寝たまま目を開けて、何かをブツブツと言っていました  後で読む 仄暗い闇の中から  
21:01  【洒落怖】日が暮れて、野球をやめて家に帰ることに。グラウンドの隅に野球大好き少年Nくんの道  後で読む 仄暗い闇の中から  
19:01  【洒落怖】セガサターンの百物語というゲームソフトについて、とあるゲーム雑誌に連絡があった。  後で読む 仄暗い闇の中から  
17:01  【洒落怖】好きになった女の子はおじいちゃん子。おじいちゃんを置いて上京できないと嘆く彼女に  後で読む 仄暗い闇の中から  
15:01  【洒落怖】旅行先で出会った釣り人のおじさん「あそこはちょっと前まで、観光客向けのホテルだっ  後で読む 仄暗い闇の中から  
13:01  【洒落怖】給食を食べていると、いつも体中にアザのある子の顔色が悪い。 嫌いなものでもあるの  後で読む 仄暗い闇の中から  
11:01  【洒落怖】高知県には『しのうかさん』という都市伝説のようなものがある。心霊スポットの名前。  後で読む 仄暗い闇の中から  
9:01  【洒落怖】「うちの犬が毎日昼の決まった時間になると狂ったように吠えて、ご近所に肩身が狭い」  後で読む 仄暗い闇の中から  

1205 件中 1 - 30 件目